オーディオメーカーのハーマンインターナショナル(以下、ハーマン)は、同社の車載インフォテイメントシステムが、2月18日から発売が開始される自動車大手スズキの新型「イグニス」に採用された、と発表しました。

ハーマンインターナショナルは、車載インフォテイメントシステムのサプライヤーでもあり、現在世界中のカーメーカーに同社のナビ/インフォテイメントシステムを供給しています。

今回、新型「イグニス」向けに採用されたシステムは、スズキ向けに専用設計したものということです。

head

今回の新型「イグニス」向けインフォテイメントシステムは、国内自動車メーカーの日本市場向けメーカーオプションとしては初めて「Apple CarPlay」に対応していることが特徴です。

これにより、クルマの中でAppleのiPhoneを、より安心・快適に楽しむことができ、通話・音楽再生・メッセージなど、iPhoneの様々な機能をナビ画面で操作できるようになります。また、音声認識機能を使ってナビを操作することも可能になります。

これらの新機能は、いままでの日本市場向けメーカーオプションにはない目新しいナビの使い方で、ハーマンの車載インフォテイメントシステムが今後、ユーザーにどのように受け入れられるかに注目が集まります。

(山内 博・画像出典:ハーマン)

スズキ・イグニスにハーマンのインフォテイメントシステムを採用〜「Apple CarPlay」にも対応(http://clicccar.com/2016/02/09/352764/)