8日、英紙ガーディアンによると、韓国軍は8日、北朝鮮の警備艇が黄海の南北境界線を越えて韓国側に侵入したため、5発の警告射撃を行ったことを明らかにした。この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月8日、英紙ガーディアンによると、韓国軍は8日、北朝鮮の警備艇が黄海の南北境界線を越えて韓国側に侵入したため、5発の警告射撃を行ったことを明らかにした。この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。

韓国国防省によると、北朝鮮の警備艇1隻が8日午前7時前、黄海の韓国側の海域に侵入。韓国軍が7時15分ごろに5発の警告射撃を行ったところ、北朝鮮の警備艇は引き返していったという。北朝鮮は先月に核実験を実施したほか、7日には人工衛星の打ち上げという名目で長距離弾道ミサイルを発射しており、朝鮮半島の情勢は緊迫している。

この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。

「警告射撃は平和を生み出さない。常に戦争をしたがるような愚かな人々に囲まれた地球に生きていることはいら立たしい」

「どこに本当の危険があるんだ?北朝鮮が世界を崩壊させる力を持っているのか私には分からない」

「北朝鮮の共産主義は破綻しつつある。最終的に経済は崩壊し、何百万人もの人々が飢えて、戦争を始めるか政権が覆されるだろう」

「北朝鮮政府の崩壊は避けられないだろうが、戦争なしに崩壊してほしい」

「韓国は核兵器を製造して、世界にいる金(正恩)氏の支持者がどう感じるのかを見てみるべきだ」

「韓国は今、非常に慎重になる必要がある。韓国が軍事演習や警告射撃や宣伝放送を行う度に、北朝鮮は壊滅的な方法で反撃をしてくるだろう」(翻訳・編集/蘆田)