3日、韓国では2月の卒業シーズンは花業界の書き入れ時だったが、昨今では卒業祝い自体が様変わりし、花が売れなくなってきている。写真はバラ。

写真拡大

2016年2月3日、韓国・聯合ニュースによると、2月の卒業シーズンは韓国の花業界の書き入れ時だったが、昨今では卒業祝い自体が様変わりし、花が売れなくなってきている。

韓国の新学期は3月、2月は卒業シーズンだ。この日、卒業式が行われた慶尚南道の高校前にも卒業祝いの花束の売り場が設けられたが、よく見てみると、生花の花束はわずか1割ほど。ほとんどが安価な造花で、その大半が中国産だ。花を売りに来ていた店主によると「すぐに枯れてしまう生花よりも、あめやチョコレートを入れてきれいに作った造花の花束の方がよく売れる」という。最近では、せっけんを使った香りの出る造花も人気を集めている。

また、卒業祝いのプレゼントも一昔前とは変わってきており、現金やパソコン、スマートフォンなどを贈る人も多いそう。生花のプレゼントはもはや古臭いイメージすらあるようだ。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「高いから買わないだけ」
「卒業シーズンになると、花でぼられるからだよ」
「でもやっぱり、いざという時には造花より生花を求める人は多いと思うよ。値段さえ下げればもっと売れるのに」
「生花業界だけが大変なわけじゃない。国全体がつぶれつつあるから仕方ないよ」

「生花はもらっても半月も持たないし、枯れたら枯れたでごみになるし。家の飾りにもなって、きれいな造花の方がはるかにありがたいのは事実」
「1つ5万〜6万ウォン(約5000〜6000円)もする花束を、買う方がどうかしてる。そのお金で必要な物を買うのが普通」
「そもそもお金がないのに花なんて。国民が貧しくなれば、花屋みたいな業種は一番先につぶれる」

「役にも立たないのに高過ぎる」
「昔は1輪だけ買いに花屋さんに行ったものだけど、最近はそれも気が引けて買えなくなった」
「生花はやっぱりいい。きれいにラッピングしてくれる所でなら買うよ。道端で売ってるのはどうもやぼったくて…」(翻訳・編集/吉金)