モバイルシフトが止まらない!2020年、モバイルのデータトラフィックの75%が動画に【Cisco最新レポート】

写真拡大 (全4枚)

2020年には今より8倍のデータトラフィック量に

まずモバイル全体のデータトラフィックについては、年平均成長率(CAGR)53%という速さで伸び、2020年には30.6エクサバイトに達すると見込んでいます。これは2015年の3.7エクサバイトの8倍に相当します。

モバイルユーザーは世界人口の70%まで増加

Ciscoは2020年までにモバイルデバイスユーザーが55億人に達すると見込んでいます。モバイルユーザーは世界人口の増加率よりも2倍の速さで伸びており、2020年には世界人口78億人(国連予想)のおよそ70%もがモバイルユーザーになることを意味します。

画像参照元:http://newsroom.cisco.com/press-release-content?type=webcontent&articleId=1741352

モバイルデータトラフィックの75%が動画

そしてモバイルデバイスからの動画視聴が高い成長率を見せるとのことです。
モバイル全体のデータトラフィックのCAGRが53%なのに対し、モバイル動画のトラフィックのそれは62%と予想され、2020年にはモバイルデータトラフィックの4分の3が動画になると見られています。

この動画トラフィック増加の主な要因として、以下が挙げられています。

  • 高機能デバイスの普及
  • ビジネス/プライベートを問わず高画質な動画へのニーズが増加
  • 通信スピードの向上による高画質動画の増加
  • モバイルデバイスからのビデオオンデマンド(VOD)視聴の増加
  • モバイル通信の容量拡大により、固定回線に対抗しうる通信品質や料金が実現

「モバイルシフト」というワードはマーケティング業界の一大テーマとなっていますが、数年先には“モバイルメイン”となる世界が訪れようとしています。もはやモバイル対策に着手することは不可避と言えそうです。