8日、韓国メディアによると、日本政府は、米韓が終末高高度防衛ミサイル配備に向けて正式に協議を始めると発表したことについて支持する考えを示した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月8日、韓国・マネートゥデイによると、日本政府は、米韓が終末高高度防衛(THAAD)ミサイル配備に向けて正式に協議を始めると発表したことについて支持する考えを示した。

菅義偉官房長官は同日の記者会見で、「米韓の協力の進展は地域の平和と安全に寄与するだろう」とした上で、「日本政府はTHAADミサイルの配備を支持する」と述べた。さらに、「日本は現時点でTHAADミサイルの導入は考えていないが、今後検討を進める」と明らかにした。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「THAADミサイルが必要なら、東京に配備すればいい」
「THAADミサイル配備の目的は、北朝鮮から日本や米国に飛んでいく弾道ミサイルを撃ち落とすことでしょ?日本に配備して」

「韓国のお金で“盾”ができるのだから、日本は支持するに決まっている」
「韓国が日米の遊び場になっていく…」

「日米は、米国が日韓の慰安婦合意を支持する代わりに、日本がTHAADミサイル配備を支持するという取引をしていたようだ」
「日本が支持しているということは、韓国にとって良くないということ」

「北朝鮮はすごいな。日米韓3カ国を振り回すなんて!」
「THAADミサイルはすでに韓国に入ってきているかも…」(翻訳・編集/堂本)