リュウグウノツカイを生きたまま捕獲 非常に珍しい事例

ざっくり言うと

  • リュウグウノツカイが8日、新潟県佐渡沖の定置網に生きた状態でかかった
  • 幻の深海魚と言われ、生きたまま捕獲されるのは非常に珍しいという
  • 水揚げされたのは体長3.3メートル、体の幅が最大26センチあった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング