「白金豚 みそだれメンチカツ丼」(800円)

写真拡大

東北自動車道・紫波サービスエリア(SA)上り線のスナックコーナーの「白金豚 みそだれメンチカツ丼」(800円)に注目だ。

【写真を見る】紫波SAは、晴れた日には名峰早池峰山が望める絶景スポット

肉は、岩手県花巻にある養豚メーカーで飼育配合から出荷までを一貫体制で行われ、やわらかな肉質が特徴のブランド豚“白金豚”(はっきんとん)を使用。レストラン専用の肉であり、小売店での販売は原則行われないという激レア肉だ。

そのミンチをからっと揚げてできたカツを、ご飯とキャベツの上に載せて、そこに同店特製の味噌だれがかかる。味噌だれの香ばしさとメンチカツがよく合い、上質な肉の旨みが楽しめる。丼には一つ50gのメンチカツが3つ載っており、食べやすさにも配慮された一品だ。

営業時間は朝7時から夜10時まで。同店は昨年12月にリニューアルが完了し、新しくおしゃれな空間へと生まれ変わった。立ち寄った際には、ぜひ食事やショッピングを楽しんでみてほしい。【東京ウォーカー】