6日、フランスのパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するスウェーデン代表FWイブラヒモビッチに、中国スーパーリーグの上海申花が年俸23億円超の高額オファーを出したことが分かった。写真はイブラヒモビッチの自伝(中国語版)。

写真拡大

2016年2月6日、中国メディア・網易体育によると、フランスのパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するスウェーデン代表FWイブラヒモビッチに、中国スーパーリーグの上海申花が年俸1800万ユーロ(約23億5000万円)の超高額オファーを出した。仏紙ル・パリジャンが伝えた。上海申花は今夏の加入を希望しているという。

イブラヒモビッチをめぐっては、昨年夏、イタリアのACミランとイングランドのアーセナルが獲得に動いていると報じられるなど、その退団のうわさは絶えなかった。パリ・サンジェルマンに残留したが、契約期間は間もなく満了となり、双方とも更新する意向はないとされ、チームを離れることがほぼ確実とみられている。

イブラヒモビッチは現在34歳。スウェーデン代表の主将も務めるトップ選手で、その去就に注目が集まっている。代理人によると、中国スーパーリーグのほか、米メジャーリーグサッカー(MLS)からもオファーがあるという。(翻訳・編集/岡田)