7日、チャウ・シンチー監督の最新作「美人魚」が、前売券の売り上げだけで1億元超えの新記録を達成した。

写真拡大

2016年2月7日、チャウ・シンチー(周星馳)監督の最新作「美人魚」が、前売券の売り上げだけで1億元(約18億円)超えの新記録を達成した。網易が伝えた。

【その他の写真】

「西遊記〜はじまりのはじまり〜」から3年ぶりの最新作「美人魚」が、中国で8日からついに公開となった。前売券について、7日午後の時点で売上額が1億元(約18億円)を超えたことが明らかに。昨年の中国映画「ロスト・イン香港」が打ち立てた9992万元(約17億8000万円)の記録を抜き去るトップ記録を打ち立て、最終的に1億4000万元(約25億円)に達するのではないかと見られている。

「美人魚」には、「西遊記」にも出演した台湾の歌手SHOW(ショウ・ルオ/羅志祥)、「ミラクル7号」のヒロインを演じたキティ・チャン(張雨綺)をはじめ、中国の人気俳優ドン・チャオがシンチー映画に初出演。映画監督のツイ・ハーク(徐克)も登場している。

「西遊記」で沙悟浄役のリー・シャンチェン(李尚正)、「少林サッカー」などのおデブ役で知られるラム・ジーチョン(林子聡)ら、チャウ・シンチー御用達の芸達者な役者たちも勢ぞろい。お得意の脱力系ギャグ満載のコメディとなっている。(翻訳・編集/Mathilda)