8日、韓国メディアによると、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射に対する軍事的対応措置として、米韓両政府がTHAADミサイルの韓国配備に関する公式協議を開始したことについて、中国政府は7日、駐中韓国大使を呼んで抗議した。資料写真。

写真拡大

2016年2月8日、韓国・聯合ニュースによると、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射に対する軍事的対応措置として、米韓両政府が米国の終末高高度防衛(THAAD)ミサイルの韓国配備に関する公式協議を開始したことについて、中国政府は7日、駐中韓国大使を呼んで抗議した。

中国外交部は7日夜、「劉振民副部長が金章洙(キム・ジャンス)駐中韓国大使を呼び、THAADの韓国配備に関する中国の原則的な立場を伝えた」と明らかにした。

中国外交部は同日昼、THAADの韓国配備問題について「深い懸念」を表明し、「同問題を慎重に処理することを求める」と述べていた。

これについて、韓国メディアは「中国は予想していたよりも強い反発を見せている」とし、「中国政府の抗議は、THAAD問題が今後の中韓関係に多大な影響を与える可能性があることを示唆している」と分析した。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「北朝鮮が強気でいられるのは中国が味方についているから。中国が本当に世界の強大国の仲間入りを果たしたいのなら、言葉だけで北朝鮮を批判しないで、もっと積極的な姿勢を見せてほしい」
「内政干渉も甚だしい」

「それでは中国が韓国国民の命を守ってくれるのか?」
「THAAD配備は韓国の自衛権の問題。中国がとやかく言うことじゃない。韓国も駐韓中国大使を呼んで抗議するべき!」

「中国は朝鮮半島の平和安全に何の役にも立たないということが分かった。中国の抗議など無視して、韓国は好きなように行動すればいい」
「北朝鮮が核を放棄すれば、韓国もTHAADを配備したりしない」
「間違ったことをしたのは北朝鮮なのに、なぜ韓国に八つ当たりする?」(翻訳・編集/堂本)