映画『ジェイソン・ボーン』シリーズ最新作 - マット・デイモン完全復活

写真拡大

ロバート・ラドラムの小説を実写化した「ボーン」シリーズ最新作・映画『ジェイソン・ボーン』が2016年10月7日(金)より公開。

マット・デイモンを主演に迎えた3部作と、ジェレミー・レナーを主人公にしたもう一つの映画『ボーン・レガシー』の計4作で人気となった本シリーズ。21世紀の映像表現に革命を起こしたアクション映画とも評されている。

マット・デイモンが主演した3作では、主人公ジェイソン・ボーンが記憶をなくした状態から、CIAの極秘作戦によって鍛え上げられた本当の自分を思い出したところで終わりを告げた。

本作では、行方をくらましたジェイソン・ボーンが帰ってくるという物語になるそう。なぜ、ボーンはまた姿を現したのか。また、最新ビジュアルには、暗闇からのぞくボーンの姿と共に「YOU KNOW HIS NAME(あなたは彼の名前を知っている)」という文字が浮かび上がる。

主演はマット・デイモン、ヒロイン役には本年度アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルを抜擢。その他、ヴァンサン・カッセルやトミー・リー・ジョーンズなどの名優も出演。監督は、シリーズ2作目と3作目を担当したポール・グリーングラスが再び担当する。

■ストーリー
ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が消息を絶ってから何年もの歳月が経過したある日、元同僚であるニッキー(ジュリア・スタイルズ)はボーンを見つけ、彼にある事実を告げる。それはCIAが世界中の情報を監視し、技術開発やテロ活動までをも裏で操作することを目的とした恐ろしいプログラムが始動したというものだった。ボーンは再び姿を現すこととなり、追跡を任されたCIAエージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は、彼が最も求めているものを提供すれば、再びCIA側に取り込めるのではないかと考え始める。しかし、“最も危険な兵器”であるボーンは、追跡者すら想像できない、ある目的を持って動いていた…。

【作品情報】
原題:ジェイソン・ボーン(JASON BOURNE)
邦題:ジェイソン・ボーン
公開日:2016年10月7日(金)
監督:ポール・グリーングラス
出演:マット・デイモン、トミー・リー・ジョーンズ、ヴァンサン・カッセル、ジュリア・スタイルズ、アリシア・ヴィキャンデル
配給:東宝東和
※7月9日(土)前売鑑賞券(ムビチケ版/紙券)が1,400円(税込)で、上映劇場(一部劇場を除く)で販売開始。
(C) Universal Pictures