「ランプキャップ」ステーキ

写真拡大

2016年2月12日、「"ワイン好きの肉バル" 寓 ‐Goo‐(ぐう)」が、銀座に続く2号店を世田谷区桜新町駅前にオープンします。"厳選ワイン"をリーズナブルに楽しみながら、名物である牛肉の希少部位"ランプキャップ"ステーキやグリル料理などを味わえるお店です。

オープン2日間は「ディナー半額」

店名の「寓」は"身を寄せる""仮住まい"という意味を持ちます。もう一つの自分の家、自分の隠れ家として、日常的に立ち寄ってワイン片手にお肉をリーズナブルに楽しめるような「大人カジュアル」のお店になっています。

ソムリエがお値打ち感をキーにセレクトしたワインや、牛一頭からわずか4キロほどしか取れない希少部位「ランチキャップ」、女性に人気の「フラップミート(かいのみ)」などさまざまなメニューを楽しめるのもポイント。特に「肉バル」としてこだわって丁寧に焼かれたステーキの数々には注目です。

ランチも楽しめます。目玉メニューは豪勢なのにお手頃な「ローストビーフ丼」。旨味を閉じこめながらじっくり焼き上げられたローストビーフを山盛りにして、クリーミーマヨネーズと秘伝のたれをかけています。並盛880円とお得な価格も嬉しい!

オープンを記念して、12日と13日の2日間は「フード・ドリンクの全品・全メニューを半額」になるキャンペーンが行われます。またランチの「ローストビーフ丼」も500円で提供。大チャンスをお見逃しなく。

詳細は公式サイトへ。