長谷川京子も実践する「顔筋」トレーニング

写真拡大

 出産後もモデル出身だけあって、プロポーションの維持は40代の今でもナチュラルに継続中の長谷川京子さん。長谷川さんは、プロポーションを“作る”というよりは、本当の意味での健康を、食事・睡眠・運動でコントロールして、最終的にスタイルを”手に入れる”ことを心がけているんだそうです。

 そんな長谷川さん、最近は口や目の周りの筋肉の衰えに対して、あるアンチエイジング術をはじめたのだとか。

 それが「顔筋」トレーニング。たとえば口の周りにある「口輪筋」を鍛えると、ほうれい線や口元のたるみをカバーしてくれたり、目の周りの「眼輪筋」は、目のシワやたるみに有効なんだそう。その他、頬のたるみには唇の脇から目尻に伸びる「大頬骨筋」や「小頬骨筋」を鍛えると、リフトアップ効果が!

 ポイントは、それぞれの筋肉を意識しながら、積極的に動かすことにあります。普段から、思いっきり口角を上げて笑ったり、大きく口を開いて発音したりと、コミュニケーションの合間にも行うことができますよ。

 顔筋トレーニングは継続して行うことが重要。ぜひあの年齢を感じさせない長谷川さんのようなしゅっとした小顔ラインを手に入れたいものですね!