8日、春節の前日夜に中国で放送される年越し番組を日本のニコニコ生放送がリアルタイムで紹介したとの情報に、中国のネットユーザーが反応を示している。資料写真。

写真拡大

2016年2月8日、春節(旧正月)の前日夜に中国で放送される年越し番組「春節聯歓晩会(春晩)」を日本のニコニコ生放送がリアルタイムで紹介したとの情報に、中国のネットユーザーが反応を示している。

毎年恒例の「春晩」では歌や漫才、京劇など趣向を凝らしたさまざまなコーナーが繰り広げられる。今年の「大みそか」は7日。中国のネット上ではニコニコの生中継を見た日本の視聴者が寄せた「中国の方がすばらしい」「日本ではあり得ない」「壮大すぎて感動」「電気代高そう」「規模が違う」「すごい」などのコメントが紹介されており、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)には「日本人は春晩を見て称賛や驚きの声を上げた」とのつぶやきが寄せられた。

このような日本人の反応に対し、中国のネットユーザーからは「中国人には不評なのに外国人には受けている!」「我々の要求が高いってこと」「9月の抗日軍事パレードの時はどんなコメントが飛び交ったんだろう」「編集スタッフの皆さん、お疲れさまです」「日本のネットユーザーは暇だな」「日本人は中国人よりじっくりと番組を見ているようだ」などの声が上がっている。(翻訳・編集/野谷)