米ホテル「ルームサーヴィス専用ロボット」のおもてなし(動画あり)

写真拡大

ホテルの宿泊客に依頼されたものを届けるロボット「Relay」を開発するSavioke社はこのほど、製造拡大へ向けた1,500万ドルの資金調達ラウンドを完了した。

「米ホテル「ルームサーヴィス専用ロボット」のおもてなし(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

ホテル向けのロボット「Relay」を製造するSavioke社は最近、業務拡大を可能にする1,500万ドルのシリーズA資金調達ラウンドを完了した。

Relayは、高さ約3フィート(約90cm)。タオルや練り歯磨き、スターバックスのコーヒーなどを宿泊客の部屋に届ける、もてなしに的を絞ったロボットだ。

宿泊客から依頼があると、ホテルのスタッフがRelayに必要なものを入れて、宿泊客の部屋番号を入力する。Relayは、Wi-Fiと3Dカメラを駆使して部屋に向かう(エレヴェーターは、自分のいる階に無線で呼び出す)。ドアの前にたどり着くと部屋の電話を呼び出す。使命が果たされると、自動的に充電ステーションに戻っていく。

Savioke社が1月に発表したプレスリリース(PDF)によると、Relayは2015年、1万1,000回以上お客にものを運び、最近ではスターバックスのコーヒーをロビーから届けるようになったという。

『Los Angeles Times』紙の記事によると、Relayは現在、米国のホテルに12体あり、Savioke社はさらなる拡大を目指している。

ロサンジェルスのセンチュリー・ブールヴァードにあるレジデンス・インのマネージャーは『Los Angeles Times』紙に、同ホテルでWallyと呼ばれているこのロボットは宿泊客にたいへん人気があり、ロボットに来てほしいためにフロントデスクに何かを電話で頼むお客もいると話している。

関連記事:スマホや脈拍認証リストバンドが「ホテルの鍵」になる

TAG

Ars Technica USHotelRobotVideo