2016年2月8日、中国商務部が2015年の外資導入状況を報告した。

 報告によると、日本が2015年に行った、中国に対する投資総額は、2014年と比較して25.8%の大幅減少を示し、32億1000万ドルとなった。
 日本2015年の対中投資は、香港、シンガポール、台湾、韓国に次ぐ規模にとどまっている。

 また、日本の累計対中投資総額は、1018億ドルに達しているとのこと。

(China Press 2016:IT)

%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1.jpg