昨年開催 トップリーグオールスター「FOR ALL チャリティーマッチ2015」in岐阜 supported by バローグループ 試合の様子 ©2015 JRFU,Photo by H.Nagaoka

写真拡大

日本にとってラグビーに対する注目が高まった2015年。年が明けた2016年も五郎丸歩選手の人気は続行中で、ちまたのラグビー熱は高まるばかりだ。そこで、生粋のラグビーファンはもちろん、にわかファンも必見のチャリティーマッチのおいしい情報をお届け。

暮らしやすさ、貯蓄、スポーツ…47都道府県「県民自慢ランキング」上位を調べてみた

「トップリーグオールスター『FOR ALL チャリティーマッチ2016』 supported by バローグループ」は、トップリーグ選抜チーム(トップリーグXV)とスーパーラグビーに参戦する日本チーム(ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ)の注目の試合だけではなく、ファンサービスたっぷりのイベントがまとめて楽しめるという、ファン垂涎の内容だ。

ご存知、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズとは、世界最高峰のラグビーリーグ「スーパーラグビー」で2016年から参加する日本チームのこと。彼らが、社会人ラグビーの全国リーグであるジャパンラグビートップリーグの選抜チームと、ガチンコの勝負を繰り広げるのだ。

このチャリティーマッチは、今年で7回目を迎え、昨年度に引き続き、今年度もバローグループに特別協賛をいただき、2019年のワールドカップの会場である豊田スタジアムで、盛大に行われる。

そこで、元ラグビー日本代表選手、元日本代表ゼネラルマネジャーで、現在、トップリーグ委員会の委員長を務める太田治氏にインタビューし、チャリティーマッチそのものの見どころや、ファンとの交流イベント、チャリティーオークションについて聞かせてもらった。

オールスターのガチンコ勝負は見応えあり!

――元々、このチャリティーマッチは、選手から声が挙がってスタートしたそうですね。

選手主導のキャプテン会議という組織がありまして、そこでラグビーを通じて社会貢献をしたいという話が出ました。それで、チャリティーマッチをして、その収益を福祉団体に寄付することにしたんです。

2011年には東日本大震災が起きたので、そこからは東北三県のラグビー協会や、三県の福祉団体へ寄付をするように切り替えました。選手たちに、継続的に復興まで支援していこうという強い思いがありましたので。

また、ゲーム以外でも、トップリーグの選手たちがクリニックを開き、地元の子どもたちにラグビーを教えたり、ラグビーを知らない子どもたちとも交流をしようという話になりました。ラグビーというスポーツの認知度を上げようと、学校訪問をしたりもします。そういう親善大使的な意味合いもありますね。

――2016年は、これまでにない規模のチャリティーマッチとなりそうです。

昨年は、日本のラグビーにとってステップアップした年になったので、2016年は、オールスターのメインイベントとして、スーパーラグビーに参戦するヒト・コミュニケーションズ サンウルブズと、トップリーグ選抜チームのトップリーグXVが戦います。

以前も、オールスターのチャリティーマッチとして試合はやっていましたが、東西に分かれたお祭り的な雰囲気があり、真剣勝負とは程遠かったのですが、選手側からも、やるからにはしっかりやりたいという声が出ていたので、今回は真剣勝負をすることになりました。

特にトップリーグXVは、この試合で頑張れば、次はヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ、日本代表が見えてくる。すなわち、この2チームから選ばれた日本代表が、6月の対スコットランド戦に出場できるという可能性があるわけですから。その辺を頭に入れて、ゲームを見ていただいたら、非常に面白いんじゃないかと。

2019年のワールドカップを含め、次世代を担う人材が出てくると思うので、絶対に見ておいた方が良い試合です。

――先物買い的な感じでしょうか?

そうですね。この間、2015-2016シーズンのラグビー トップリーグのベスト15に選ばれた選手、稲垣啓太や堀江翔太は、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズで出場します。トップリーグXVも注目していただきたい。

同じく、トップリーグのベスト15に選ばれた江見翔太、浅原拓真が出場します。昨年のW杯の際の日本代表を影で支えた廣瀬俊朗も出ます。

今年度を持って引退を表明した大西将太郎も入りますし、2011年のW杯の日本代表主将の菊谷崇も入っています。しかも、率いるのが、今シーズンのトップリーグで日本人監督では最高位の成績をもつ東芝の冨岡(鉄平)監督。彼は熱い男で「勝ちに行く」と言っていますから。トップリーグ2位の監督がトップリーグXVを率いて、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズにチャレンジする。いい試合をして勝ったりするとますます面白くなります。

たった1350円で試合もファンサービスもWで楽しめる

――そんな試合が、1350円(前売自由席一般)で鑑賞できるというのも魅力的です。

そうなんです。トップリーグと同じ価格となっておりますのでとてもリーズナブルです。いちばん高価な席でも、2,100円(前売中央席一般)ですから。しかも高校生以下は無料です!

ただし満員の場合はお断りすることになりますのでご注意ください。

ファンサービスのイベントもたくさんあります。チャリティーオークションでは、選手がその日に着用したジャージや、ウインドブレーカーなどが出品されますし、ガレージセールでも、シューズや練習着などが安価で購入いただけます。実際、欲しい人は、朝早くから並んでいただいております。

さらに、チケット所有者先着2000名様には、特典として着る毛布「Groony」をプレゼントします。こちらは温かいし、とってもお洒落なんです。

――ほかにもチャリティーマッチならではのファンサービスはありますか?

ラグビーといえば、「アフターマッチファンクション(対戦チームの選手とスタッフが試合後に行う懇親会)という素晴らしい文化があります。実は、今回、Yahoo!オークションにて参加権チケットを購入すれば、そこにファンのみなさんも参加することができます。

――スター選手たちと直に交流できるわけですね。

サンウルブズとトップリーグ選抜だけで60人くらい、キャプテン会議に参加する人たちも入れると50人くらい。それこそ、スターだらけです。そこで、選手と写真を撮ったり、サインを貰えたりもできます。

――会場が豊田スタジアムだから、かなりのキャパシティがありますね。

4万人は入れます。豊田スタジアムは、2019年のワールドカップの会場です。球技専用スタジアムなので、すごく見やすいですので、いち早く体験していただきたいです!

豪華オールスターが集う夢のチャリティーマッチだけではなく、ラグビーファンを喜ばせてくれるイベントや特典もたっぷりなトップリーグオールスター『FOR ALL チャリティーマッチ2016』 supported by バローグループ」。ラグビーファンなら、いち早くチケットをゲットしたい。

トップリーグオールスター『FOR ALL チャリティーマッチ2016』 supported by バローグループ

日時:2016年2月13日(土) 開門12:00〜 トップリーグXV vs ヒト・コミュニケーションズサンウルブズ14:00〜
場所:豊田スタジアム(愛知県豊田市千石町7丁目2番地)
問い合わせ:日本ラグビーフットボール協会事務局
TEL 03・3401・3290 10時〜18時 火曜定休