「日経平均が1万7000円を割り込んだタイミングで空売りを仕掛けました」──こう話すのは総資産1億円超の“億り人(おくりびと)”であるようこりん氏。空売りとは、証券会社から株を借りて売却し、その株が値下がりした時点で買い戻すことで利益を得る投資方法のことだ。

「私が空売りした銘柄はベアリングで有名な優良企業です。空売りをした時の株価は980円くらいでした」

 急落が続いた年初に空売りを仕掛けて儲けた際にはある「格言」が生きたのだという。

「株の世界には『半値八掛け二割引で底が入る』という言葉があります。下落時は半値の八掛け、つまり50%の八掛けで40%まで落ちて、そこからさらに二割落ちて32%で底値になるという意味。

 私が空売りした会社は去年の6月に2300円の高値をつけたところから落ち続けていました。それで、半値八掛けのちょっと前、980円くらいでさらなる下げを確信して空売りしました。理論通りならそこから二割引までいきますが、一株あたり100円の利益が出るところで売りました。何株空売りしたかは秘密です(笑い)」

 多くのメディアが危機を煽り、個人投資家が市場から逃げようとしたタイミングで、億り人はしっかり儲け、反騰にも備えていたのだ。

 ようこりん氏はそうして空売りで手にしたタネ銭で今度は上昇期待の銘柄を買い増している。狙ったのは年初に大きく値を下げた銘柄と上がり調子が続いた銘柄の両方だ。

「下落したところで買ったのが三菱UFJフィナンシャル・グループ。日銀のマイナス金利で銀行関連は大きく値を下げていますが、大きな会社だからなんとしても戻すはず。上り調子の方は日本商業開発という不動産投資企業を買いました。不動産は銀行と逆にマイナス金利の恩恵に期待しています」

 投資の「勝ち組」は下がっていても、上がっていても儲けているのだ。

※週刊ポスト2016年2月19日号