7日、米韓が終末高高度防衛(THAAD)ミサイル配備に向けて正式に協議を始めると発表した問題に関し、中国外交部の報道官は「朝鮮半島の緊張をさらに高める」との考えを示した。資料写真。

写真拡大

2016年2月7日、米韓が終末高高度防衛(THAAD)ミサイル配備に向けて正式に協議を始めると発表した問題に関し、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は「朝鮮半島の緊張をさらに高める」との考えを示した。中国新聞網が8日付で報じた。

北朝鮮が同日午前に長距離弾道ミサイルを発射したことを受け、韓国国防部はTHAADの在韓米軍基地への配備に関する協議開始を発表した。

これに対し、華報道官は「中国のこの問題における立場は一貫しており、明確だ。自国の安全を守るために他国の安全保障上の利益を損なうようなことがあってはならない」と発言。その上で、「(米韓の措置は)朝鮮半島の緊張を高め、地域の平和と安定には不利となる。関係諸国が現在の情勢に対応する上でもマイナスだ」「関係国がこの問題を慎重に処理することを促す」と語った。(翻訳・編集/野谷)