8日、中国のIT関連メディア・雷峰網は、台湾で起きた地震の影響でiPhone7の生産が遅れる可能性もあると伝えた。写真は台湾の地震に関する報道。

写真拡大

2016年2月8日、中国のIT関連メディア・雷峰網は、台湾で起きた地震の影響でiPhone7の生産が遅れる可能性もあると伝えた。

6日未明に台湾南部でマグニチュード6.4の地震が発生、中国台湾網によると8日午前9時現在、死者は37人に増え、525人が負傷。依然として117人の行方が分かっていないと台湾当局は発表している。

台湾メディアによると、地震の影響は高雄市にも及び、同市に工場を構える台湾の半導体メーカー・TSMCも被害を受けた。TSMCはアップルのA9チップを製造しており、アップルの主要供給先という。TSMCの高雄市の工場は大きな被害こそなかったが、システムに異常があり、専門家は3日の作業停止を余儀なくされるとみている。実際に工場の生産がストップした場合、iPhone7の生産スケジュールに影響を及ぼす可能性が高いとの見方が強い。(翻訳・編集/内山)