手相「二丁目線」が話題 新宿二丁目のオネエサマ達に多いんだって

写真拡大

最近話題になっている「二丁目線」という手相ご存じですか?
どうやらタレントで占い師の島田秀平さんが二丁目のオネエ系の人たちの手相を見ていたところ、ほとんどの人にこの線があることに気づいて命名したそうです。

【関連:思いがけない幸運が訪れるハッピースターを持つ手相は?】

二丁目線

二丁目線とは感情線の根元、指の付け根側が枝分かれしているものを指すそうで、ここが枝分かれしている人は気配り上手で博愛精神が豊富だそうなんです。たしかに二丁目のオネエさんたちはトークも上手で、毒舌してもちゃんとフォローしてくれる優しさある人が多いですよね。

さて、わたしにもあるかしらん、と自分の手相を確認したところ三股に分かれているじゃないですか。そして、編集部にも三股に分かれている人が約1名。

枝分かれしてたら二丁目線になるんじゃないの? と色々調べていたら、どうやら三股になっている場合は「あげまん線」との記事を発見! 周りの運気を上げたり雰囲気を良くして明るくする上、相手の隠れた才能を見出したり魅力を引き出したりする手相なんだとか。

たしかに過去を振り返ると相手の運気がやたら上がるなあ、とはよく思っていましたが、まさかあげまんだったとは驚きです。もう1人のあげまん線の持ち主は「いや、むしろ逆で他人の運を吸うタイプ」とのことでした。

ちなみに二丁目線、あるからと言って全員が全員オネエというわけでなく、ノンケの人にも多くあるそうですよ。元は気配り上手な人によくみられる手相だとか。もしあったら「アタシって気がきくタイプなのねー」ぐらいにお考えください。

(文:貴崎ダリア)

▼参考
島田秀平の無料手相占い|二丁目線
島田秀平の無料手相占い|浮気線・あげまん線