6日、中国と香港のサッカークラブチームの練習試合で、中国を侮辱する発言をした香港選手に中国選手が「のど輪締め」をお見舞いする騒ぎが起きた。

写真拡大

2016年2月7日、中国・鳳凰体育によると、中国と香港のサッカークラブチームの練習試合で、中国を侮辱する発言をした香港選手に中国選手が「のど輪締め」をお見舞いする騒ぎが起きた。

中国広東省の仏山市で6日行われた中国スーパーリーグの広州恒大と香港1部・南華足球隊の練習試合で、南華の香港代表FW陳肇麒(チャン・シウキ)が審判に抗議した際、英語で「香港は中国じゃない」「FUCK CHINA(くたばれ中国)」などと暴言を吐いたため、広州側と口論となり、広州の黄博文(ホアン・ボーウェン)が陳に「のど輪締め」をお見舞いした。

この話題について、中国のネット上は「(広州恒大の選手は)よくやった」「黄博文らの行動を中国の全人民が支持する」「これぞ中国男子」「口論だけじゃ手ぬるい」「日本人より香港人が嫌い」など香港選手への怒りの声が圧倒的だ。(翻訳・編集/柳川)