7日、6日未明に台湾南部で発生した地震について、リン・チーリンやジェイ・チョウら人気タレントが次々に寄付を名乗り出ている。写真はリン・チーリン。

写真拡大

2016年2月7日、6日未明に台湾南部で発生した地震について、リン・チーリン(林志玲)やジェイ・チョウ(周杰倫)ら人気タレントが次々に寄付を名乗り出ている。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

7日深夜の時点で死者の数は34人となり、倒壊した建物に閉じ込められた人は119人にも上る。台湾メディアでは、うち60人余りに生存反応があると報じている。この大惨事に対し、人気タレントたちも次々に寄付を表明。7日の時点で、その合計金額は2900万台湾ドル(約1億円)を超えている。

女優リン・チーリンの一家は、被災地となった台南市の出身。自身が設立したチャリティー基金会「台北市志玲姐姐慈善基金会」から、200万台湾ドル(約700万円)の寄付を発表している。最も早く名乗り出たうちの1人が人気アーティストのジェイ・チョウで、同じく200万台湾ドルを寄付している。

女優のアン・アン(安以軒)は66万台湾ドル(約230万円)を寄付。これは「六六大順(万事が順調)」という言葉に合わせたもの。救助活動が順調に進むよう、願いを込めている。

このほか、人気ロックバンドのMayday(五月天)、およびそのボーカルのアシン(阿信)、女優のミシェル・チェン(陳妍希)やレイニー・ヤン(楊丞琳)、歌手のSHOW(ショウ・ルオ/羅志祥)など、台湾の人気タレントの寄付が続いている。(翻訳・編集/Mathilda)