写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都・中野のpixiv Zingaro(中野ブロードウェイ内)は、ピクセルを意欲的に用いて制作をしている14名の作家の企画展「ピクセルアウト」を開催する。会期は2月25日〜3月8日(水曜定休)。開場時間は12:00〜19:00。入場無料。

同展は、様々な手法でピクセルを意欲的に用いて作品を制作している14名の作家を集めて展示を構成したもの。イラストレーター・アートディレクターのたかくらかずきがディレクションする企画展で、ドット絵の概念をノスタルジーから引き離し、ピクセルという単位から画面/デジタルメディアについて再考することを目的としている。参加作家はm7kenji、奥田栄希、avin Reed、日下一郎、重田佑介、鈴木一太郎(zerotaro)、たかくらかずき、二艘木洋行、Paul Robertson、Valenberg、マリヒコ、安田昂弘、矢野由布子、やんこまの計14名。

同展に関し、たかくら氏はドット絵について次のように語っている。「日本ではおもにレトロゲームの印象が強く、ノスタルジーとともに語られがちなドット絵。海外では、ピクセルアートという呼び名で親しまれています。このピクセルという概念はノスタルジーとともに語られる過去の遺物ではありません。現代でもなお、あらゆる画面の向こうには常にピクセルが存在しています。わたしたちが毎日向かい合っているPCやスマートフォン。そこに映る画像たちは、他でもないピクセルで表示されています。ピクセルはコンピューター世界の最小単位であり、画面の向こうの光を支配する、RGBの色情報を持った光る四角形です。そんな「画面」の最小単位を操るドット絵 / ピクセルアートというジャンルをキーにして作品を制作している作家は、「画面」の向こうにしか存在しない光の単位を、どのように定着させているのか。もしくはどうやって無理やり「画面」の外にひきずりだしているのか。そして、どう崇拝したのか。ピクセルアートは今考えられているよりもずっと根源的で、デジタルメディアに寄り添っている限りその特別な単位としての可能性は拡張されていくはずです。」

また、関連イベントとして、ピクセルアウトとチップチューンアーティストTORIENAの共同企画「ピクセルアウト×TORIENA『ENTER BIT』」が開催される。開催日時は2月21日18:00〜、会場は渋谷PARCO 2.5d & USTREAM。詳細はイベント会場Webサイトにて告知される。

そのほか、中ザワヒデキ・都築潤・たかくらかずきによるトークショー「ピクセルとデジタル絵のいままで」が3月5日17:00〜18:00、gnck・HouxoQue・たかくらかずきによるトークショー「この先のピクセル、画面が光る神性」が3月5日19:00〜20:00に開催される。会場はpixiv Zingaro、入場無料。

(シマダマヨ)