迫力の重低音と高解像サウンドを両立、クラブ系スタイルにマッチするクールなデザインを採用

写真拡大

JVCケンウッドは、ポータブルヘッドホン「HA‐S900XBT」を2016年2月上旬に発売する。

クラブ系サウンドを好むユーザー向けのヘッドホン。

内蔵アンプにより低音を増強する"バスブースト機能"(オン・オフ切り替え可能)を搭載。好みに合わせて迫力の重低音サウンドを楽しめる。

メインマグネットの前方に、さらにもう1つマグネットを配置することで、磁力を最適化。低音から高音までの全帯域において高解像サウンドを再現している。

Bluetooth/NFCを搭載し、対応機器とのペアリング/接続がワンタッチで行え、手軽にワイヤレス再生が楽しめる。また、Bluetoothは高音質コーデックAAC、Qualcomm aptX audioに対応している。

ハウジングの背面に、振動をコントロールする新開発の"Xダンパー"を搭載。クリアな中高音とキレのある低音を再現している。

コンパクトに折りたため、スペースをとらずスマートに携帯、収納できる。

希望小売価格は、オープン価格。