7日、国連の潘基文事務総長は、北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイルを発射したことを受け、「挑発行為」を中止するよう求めた。資料写真。

写真拡大

2016年2月7日、中国・環球網によると、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は、北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイルを発射したことを受け、「挑発行為」を中止するよう求めた。

北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、「北朝鮮の国家宇宙開発局の科学者および技術者は、国の宇宙開発5カ年計画の2016年計画に基づき、新たな地球観測衛星・光明星4号を目標軌道へ進入させることに成功し、発射は完全に成功した」と伝えた。今後も「衛星」発射を継続するとしている。(翻訳・編集/柳川)