古巣との対戦で勝ちきれなかったマタ「本当に残念」

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFフアン・マタが、7日に行われたプレミアリーグ第25節のチェルシー戦を振り返り落胆している。クラブ公式サイトがマタのコメントを伝えた。

▽スタンフォード・ブリッジに乗り込んだユナイテッドは、ゴールレスで迎えた61分にイングランド人MFジェシー・リンガードの見事なシュートから先制点を奪取。しかし後半アディショナルタイムに同点ゴールを許して勝ち点2を落としている。

▽試合を振り返ったマタは、「非常に良いパフォーマンスだった」としながらも勝ち点を落としたことについては落胆していると明かした。

「チェルシーとのアウェイゲームは難しくなる中、前半の30分までと、後半は満足できるプレーだったね。終盤はチェルシーが圧力をかけてきて、そのままゴールを許してしまった。取り返すだけの時間もなくて、本当に残念だ」