松山、ファウラーを下し米ツアー2勝目!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 最終日◇7日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>
 米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」の最終日。米ツアー2勝目を狙う松山英樹は4バーディ・ノーボギーの“68”でラウンド。スコアを4つ伸ばしトータル14アンダーでリッキー・ファウラー(米国)と並びホールアウト、勝負の行方はプレーオフに持ち込まれた。
松山のこれまでを特選フォトで振り返る!

 18番で行われたプレーオフ1ホール目は両者パー、同じく18番で行われたプレーオフ2ホール目は両者ともピン上につける。下りのラインを読みきり、ファウラーがまずバーディ奪取。わずかに内につけていた松山も入れ替え返し、熱戦は続く。
 プレーオフ3ホール目は10番。ティショットを左に曲げ、セカンドショットでもグリーンを外したファウラーに対し、松山はパーオンに成功。松山は長いバーディトライを惜しくも決めきれずパー、ファウラーも粘りのプレーでパーを拾いここでも決着はつかず。
 17番で行われたプレーオフ4ホール目。ここで正規ラウンドと同じく、ファウラーがティショットを池に入れてしまう。ファウラーはパーをセーブできずボギー。松山はパーとし、松山に軍配が。
 世界ランク4位のファウラーを激闘の末に下し、2年ぶりとなる米ツアー2勝目を挙げた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>