Googleロゴが元素周期表を発案したロシア人化学者の生誕182周年を祝うイラストに

写真拡大

1月28日に『Googleロゴが八木アンテナの発明者で知られる電子工学者の生誕130年を記念するアニメーションに!』でGoogleロゴが八木アンテナの発明者として知られる電気工学者の生誕130年を祝うアニメーションになっているのをお伝えした。

本日のGoogleロゴは、ロシアの化学者で元素周期表を作成し、その周期律を元に、発見されていなかった元素の存在を予言したことで知られている。

現在は、元素として成立するが自然界に存在していない元素を合成する研究がされており、113番目を日本の理化学研究所が合成に成功し、その命名権を得た。

曰く日本発の元素ということでニッポニウムといういかにもな名前が付けられるのではと言われているが、果たしてどういった名前になるのか楽しみだ。

■Google

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

Googleロゴの記事をもっと見る
・Googleロゴが八木アンテナの発明者で知られる電子工学者の生誕130年を記念するアニメーションに!
・Googleロゴが米国で活躍した女性天文学者の生誕75周年を祝うイラストに!
・Googleロゴが辛さを示す値を決めた薬剤師の生誕151周年を祝うミニゲームに!
・Googleロゴがスペインのロマ民謡の歌手兼ダンサーの生誕93周年を祝うイラストに
・Googleロゴがスイス人抽象画家の生誕127周年を記念するイラストに