画像

写真拡大 (全2枚)

 「食べログ」が、飲食店の業務支援事業へ進出。第一弾として、予約管理と顧客管理が可能な予約台帳アプリ「ヨヤクノート」の提供を開始した。

 カカクコム運営の「食べログ」が、飲食店の業務支援事業へ進出。第一弾として、飲食店向け予約台帳アプリ「ヨヤクノート」の提供を開始した。

 「ヨヤクノート」は、飲食店の予約を簡便に管理するサービス。飲食店が予約を登録する際に自動的に顧客情報を登録する顧客台帳機能が搭載されているため、顧客管理が簡単にできるようになる。また、同社がすでに提供している食べログネット予約と連携しているため、ヨヤクノートに予約を登録すると、グルメサイトのネット予約の空席情報も自動で反映される。

 これまでグルメサイトの販促は新規顧客獲得がメインだったが、食べログは、完全自動化された顧客台帳を通して、リピーター育成・CRMソリューションへと提供価値を広げていく。

MarkeZine編集部[著]