このメタボ腹も俺の歴史…とあきらめないで!

写真拡大

 時には言い訳を交えながら、時には武勇伝調に話しながら、そして、時には自虐ネタにしながら、メタボ腹をなでているビジネスマンは少なくありません。

 一方、女性の場合には、「太った」などと人前で体型のことを口にするのは、そもそも痩せている女性であることが多いものです。実際に体重が平均ラインを超えたり、健康診断でひっかかるようになるとそれはかなりセンシティブな内容になり、本人も周りも“気がつかない”“見ない”“知らない”風を装って口にしなくなるので、自らネタにできてしまう男性はすごいな、と思ってしまいます。

 ただ、宴席などで自ら自分の体型をネタにしている方ほど、笑いで流してしまって、現実から目をそらしてしまっているのも確か…。そして、本人がそうしてネタにしていると、周りが真剣に心配をしたり、意見できない空気までもが作られてしまいます。

 でも、何も考えていないかというと、もちろんそういうわけでもなく、見聞きしたことを「○○ってどうなの?」とさりげなくたずねてくださったりします。

 心の片隅では気になりつつも重い腰が上がらないとき、そして、仕事に邁進しているときほど、気づかぬうちにストレスや疲労などが増加しがちで、生活習慣が乱れがちになることを忘れないでいただきたいものです。

「長生きしたくない」という人は
健康寿命を意識できていない?

 たとえば、メタボ腹をなでながら「そんなに長生きしたいと思わないんだよね」という方。日本は世界一の長寿国ですから、なんだかこの先もずっと人生が続くように感じて、「まぁ、ほどほどで…いいか」と思い、このようにおっしゃるのかもしれません。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)