ギズモード・ジャパンより転載:安くはないけど、その価値あり。

こちらのパワードスーツは、自立・歩行を支援する「Phoenix」。重さ約12.25kgのウェアラブル・ロボットです。軽くてモジュール式なので、ユーザーが自力で付け外し可能で、体が大きくても小さくても装着できます。

Phoenixを作っているのは、カリフォルニアを拠点に医療用・工業用パワードスーツを専門とするロボティクス企業suitXです。カリフォルニア大学バークレー校によるロボティクス研究をベースに開発を進めていましたが、ついに公式に発売されることとなりました。ただお値段は4万ドル(約470万円)と、決して気軽に買えるものではありません。


160208gizmodo_mediagene2.jpg


Phoenixは、着る人の腰と足に装着して使います。セットの松葉杖にあるボタンを押すと足側に内蔵されたモーターが動き、歩けるようになります。バッテリーは連続歩行4時間分保ち、歩行速度は時速1.1マイル(約1.8km)まで出せます。Androidアプリを使って、歩行記録を付けることもできます。



パワードスーツは今、多方面で人間を補助しています。軍事用でも工業用でも、このロッキード・マーティンのスーツみたいに、200ポンド(約91kg)あるものを運ぶのに役立ちます。またはPhoenixがそうであるように、けがや病気で体を思うように動かせない人を助けることもできます。suitXは今後、脳性小児まひや脊椎披裂などで歩行困難になった子ども向けのパワードスーツも作りたいとしています。


160208gizmodo_mediagene3.jpg


ただ、課題もあります。Phoenixは比較的軽いですが、すごく軽くはありません。ハーバード大学では、服の下に着られるパワードスーツのプロトタイプを作っています。また、価格も安くありません。

でもPhoenixはすでに研究室を出て発売されていて、今そこにいる人の役に立てるという点で素晴らしいです。これを使う人にとって、自分の足で立ち、歩けることは価格に十分見合う価値があることでしょう。


ギズモード・ジャパンの注目記事:
・単語学習の先生は人工知能、開発者に聞いたDMM英会話は最新テクノロジー満載!
・これが小学生のときにあれば...そう思わずにはいられない「Z会」のタブレット教材
・注目のクラウドサービス「SoftLayer」の有用性を改めて知った銀座の夜


source: suitX via Technology Review、Lockheed Martin、Harvard gazette

Bryan Lufkin-Gizmodo US[原文]
(miho)