女性に聞いた! 「金銭感覚が合う人」とほかに似ているポイント10

写真拡大

たとえ趣味が同じ友だちであっても、金銭感覚がちがっていると一緒に遊んでいて疲れてしまいますよね。「金銭感覚が合う」というのは、他人と付き合っていく上でかなり重要だということです。では「金銭感覚が合う人とはここも似ているというポイントは何かあるのでしょうか? アンケートで探ってみました!

■金銭感覚が合う人とほかに似ているポイント

●第1位/「家庭環境が似ている」……37.9%
○第2位/「食事の好みが似ている」……34.3%
●第3位/「普段遊ぶ場所が似ている」……16.8%
○第4位/「趣味が似ている」……15.0%
●第5位/「友だちの系統が似ている」……14.3%
○第6位/「結婚観が似ている」……11.8%
●第7位/「好きなブランドが似ている」……11.4%
○第8位/「住んでいる場所が似たような雰囲気」……10.7%
●第9位/「学校のランクが似ている」……10.4%
○第10位/「人生の目標が似ている」……9.6%
※複数回答式・第11位以下は略。

■第1位/「家庭環境が似ている」

第1位は37.9%で「家庭環境が似ている」でした。育ってきた家庭の経済状況や家族構成、それから現在の家庭環境などが似ていると、金銭感覚も似てくる場合が多いよう。個人の性格や行動様式と結びついた価値観は、そう簡単には変わらないものです。

■第2位/「食事の好みが似ている」

第2位は34.3%で「食事の好みが似ている」。食事にどのくらいの金額を使うかというのは、金銭感覚をはかる上でひとつの基準になりますよね。どのランクの食事を好んでいるかによって金銭感覚も似ているというのはありえるでしょう。

■第3位/「普段遊ぶ場所が似ている」

第3位は16.8%で「普段遊ぶ場所が似ている」。その場所がどの程度の金額を必要とするのかも重要なポイントですね。さらに、慣れていない場所で払うお金というのは普段より高く感じるものです。

■まとめ

現代の生活と「お金」は切っても切り離せない関係にあります。行動パターンと金銭感覚が結びつくのも、当然と言えば当然でしょう。自分が必要だと思って払っているお金をムダだと感じる人もいるし、その逆もまたあり得るというわけですね。

(タブロイド/佐藤)

※画像はイメージです。

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数280件(マイナビウーマン会員:22歳〜34歳の働く女性)。