6日、参考消息網によると、台湾女性がこのほど動画投稿サイトで「日本女性が絶対にしない3つのこと」を紹介し、注目を集めている。資料写真。

写真拡大

2016年2月6日、参考消息網によると、台湾女性がこのほど動画投稿サイトで「日本女性が絶対にしない3つのこと」を紹介し、注目を集めている。

台湾女性MAOさんは、この動画の中で「アジアの男性がみんな大好きで、女の子もまねしたい存在、それはカワイイ日本の女の子です」とし、日本滞在の経験から、そうした日本女性が絶対にしない3つのことに気付いたのだという。

動画では、「ほとんどの人が(全員ではない)」と前置きした上で、「トイレで用を足すときに音を出さない」「1人でラーメンを食べに行かない」「タンクトップ姿で出かけない」の3つを挙げている。

トイレの音については、日本で発明された温水洗浄便座の「音姫」の機能を紹介している。音姫は、水が流れる音で用を足すときの気まずい音をかき消してくれる機能で、MAOさんは「日本に来て最も驚いたこと」としている。

また、日本には数多くのラーメン店があるものの、女性の1人客は見たことがなく、いつも男性客であふれているという。これは、牛丼チェーン店などでも同じだそうだ。日本女性の友人に理由を聞くと、「なんだか恥ずかしいから」「入りづらい雰囲気」といった答えが返ってきたという。

そして、タンクトップについては、きちんとしたデザインのものなら構わないが、台湾の女性が着るようなキャミソールに近い肩ひもの細いタイプのものは、日本女性は敬遠するのだそう。理由については、「露出が多すぎるから、あるいは部屋着のような格好で出かけるのは失礼だから」などと推察しているが、「ほかに理由があれば教えてほしい」としている。

最近は、ラーメン店に1人で入る女性客の姿もよく目にするようになった。服装については、日本人は中国人や韓国人に比べて控えめな色やデザインを好む人が多いことや、その時々の流行も関係しているのだろう。双方の小さな違いを知ることは、交流のきっかけになる。日本と台湾、そしてアジアの人々には、ますます交流を深めてほしいと願うばかりだ。(翻訳・編集/北田)