7日、台湾出身の男性歌手ホアン・アンが、予定より4日遅れて台湾に到着。中華民国のパスポートと大陸通行証を見せ、今も台湾籍であることを示した。写真はホアン・アン。

写真拡大

2016年2月7日、台湾出身の男性歌手ホアン・アン(黄安)が、予定より4日遅れて台湾に到着。中華民国のパスポートと大陸通行証を見せ、今も台湾籍であることを示した。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

お騒がせタレントのホアン・アンは、長年にわたって北京に住み、近年はその「愛国活動」を活発化。数々のタレントに「台湾独立派」や「香港民主派」のレッテルを貼り、自身のSNS上でさらし、彼らの芸能活動を妨げる行為を繰り返してきた。最近では、韓流ユニットTWICEに所属する台湾人アイドルのツウィ(TzuYu/周子瑜)を攻撃し、日本でも話題になったばかりだ。

旧正月を過ごすため、もともと今月3日に台湾へ戻ると宣言していたホアン・アンだが、当日は結局姿を見せず。この台湾入りについては、そのお騒がせ行為に激怒する人たちが、空港での「出迎え」参加者を募り、6万人もの希望者を集めていた。

そのホアン・アンが7日の12時過ぎ、いきなり台湾へ到着した。空港は駆け付けたメディアで大騒ぎとなり、ホアン・アンに向けて「売国奴!」と叫ぶ乗客たちの姿も。ホアン・アンについてはこれまで、01年に中国籍を取得し、身も心も中国人になったとされてきた。しかし到着後、ホアン・アンはパスポートと大陸通行証を見せ、今も台湾籍であることを示している。

6日早朝、高雄市を震源とする規模の大きな地震が発生したばかり。ホアン・アンは6日に急きょ帰郷を決めたと報じられており、その行動について、「混乱を隠れ蓑にしたいからだ」「あまりに卑劣だ」と、台湾の人々の怒りをさらにあおることとなっている。(翻訳・編集/Mathilda)