<レオパレス21ミャンマーオープン 最終日◇7日◇ロイヤルミンガラドンゴルフ&カントリークラブ(7,218・パー72)>
 日本ゴルフツアー機構とアジアンツアーとの共同主観競技『レオパレス21ミャンマー・オープン』は、全日程が終了。3日目で“61”と大爆発し、2位と7打差で最終日を迎えたショーン・ノリス(南アフリカ)は5バーディ・4ボギーの“71”で1つしか伸ばせずトータル24アンダーでフィニッシュしたが、大量リードに守られ逃げ切りで優勝を果たした。
 また、3日目にアルバトロスを決めた矢野東は最終日を6バーディ・2ボギーの“68”にまとめトータル20アンダーの2位タイで大会を終えた。その他2位にはパク・ジュンウォン(韓国)がつけた。
 1打差のトータル19アンダー4位にワン・ジョンフン(韓国)。続くトータル18アンダー5位タイにはSSP・チャウラシア(インド)とケーシー・オトゥール(米国)がつけた。
 その他主な日本勢では池田勇太と永野竜太郎がトータル15アンダーで8位タイ。宮里優作がトータル13アンダーで15位タイ。トータル10アンダーの26位タイには藤本佳則、片岡大育、山岡成稔、福永安伸がつけた。
【最終結果】
優勝:ショーン・ノリス(-24)
2位T:矢野東(-20)
2位T:パク・ジュンウォン(-20)
4位:ワン・ジョンフン(-19)
5位T:ケーシー・オトゥール(-18)
5位T:SSP・チャウラシア(-18)
7位:イ・スミン(-16)
8位T:池田勇太(-15)
8位T:永野竜太郎(-15)
8位T:タンヤゴーン・クロンパ(-15)他
15位T:宮里優作(-13)他
26位T:藤本佳則(-10)
26位T:片岡大育(-10)
26位T:山岡成稔(-10)
26位T:福永安伸(-10)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>