LINEやテザリングが使える一歩進んだフィーチャーフォン

写真拡大

au(KDDI)は、京セラ製携帯電話「GRATINA(グラティーナ) 4G」を2016年2月下旬に発売する。

高速通信規格「4G LTE」対応。IPX5/8準拠の防水、IP5X準拠の防塵、米国国防総省制定の「MIL-STD-810G」準拠の耐衝撃性能を備えた堅牢設計を施す。音と振動で通話音声を伝える「スマートソニックレシーバー」を搭載し、騒がしい場所でもクリアに聞こえるほか、通話音声を好みの音質にできる「聞こえ調整機能」などを搭載する。

コミュニケーションアプリ「LINE」対応、10キーでの操作が可能だ。IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1のほか、タブレットやゲーム機器などを高速ネットワークに接続できる「Wi-Fiテザリング」に対応する。

約3.4型FWVGA(480×854ドット)TFT液晶ディスプレイ、約0.9型有機ELサブディスプレイを搭載。メモリーが1GB、ストレージが8GB。microSDHC(最大32GB)メモリーカードをサポート。約800万画素カメラを備える。容量1500mAhバッテリー内蔵。

カラーはグリーン、ピンク、ホワイト、ブラックの4色。