資料写真

写真拡大

(台北 7日 中央社)台湾高速鉄道は7日、同日午前10時から再開する予定だった全線の運転を見合わせ、台中―左営(高雄)間の運行を一時休止すると発表した。

6日未明に台湾南部で起きた地震により、嘉義駅付近の架線などが大きな損傷を受けたためだと説明している。

(編集:羅友辰)