彩色画、水墨画、木版画など若沖が驚くべき技法を駆使して創り上げた作品を堪能できる

写真拡大

展覧会「生誕300年記念 若冲展」が2016年4月22日から東京都美術館(東京都台東区上野公園)で開催される。5月24日まで。

18世紀の京都で活躍した画家、伊藤若冲(1716-1800) の生誕300年を記念して初期から晩年までの代表作約80点を紹介する。繊細な描写技法によって動植物を美しく鮮やかに描く一方、即興的な筆遣いとユーモラスな表現による水墨画を数多く手掛け、85歳で没するまで精力的に制作を続けた。

「若冲展」では、京都・相国寺に寄進した「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅が東京で初めて一堂に会すなど、日本美術の中でもきら星のごとく輝きを増す若冲の生涯と画業に迫る。

開室時間は9時30分〜17時30分(金曜日は20時まで)。休止日は4月25日、5月9日。

観覧料は、一般1600円(前売1300円)、学生1300円(同1100円)、高校生800円(同600円)、65歳以上1000円(800円)。