ユーグレナ化粧品事業課の安藤崇氏

写真拡大

 成長産業といわれるメンズスキンケア市場だが、肌が気になりながらも化粧水を使っている男性は2割強しかいないという未開花の市場でもある。難攻不落のメンズコスメ市場へ斬り込み、年間目標の1割をたった2週間で売り上げたのはバイオベンチャーの株式会社ユーグレナ。その新商品『B.C.A.D.HOMME(オム)トータル エマルジョン』販売戦略の秘密について、作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏がレポートする。

 * * *
「シェービングやケア不足で荒れた男の肌を手軽に潤すことができます」と同社化粧品事業課・安藤崇氏(35)は言い、ボトルを手にとった。

「特にスキンケアの習慣がない男性たちにも続けやすいように化粧水、美容液、乳液が1本に詰まったオールインワンの商品に仕上げました」

 安藤氏はシャカシャカとボトルを振ってみせた。分離していた化粧水や美容液、乳液の成分がたちまち一つに混ざり合う。白くとろりとした液体は、肌にスッと染み込んでいく。しっとりさっぱり、柑橘系の芳香があたりに漂う。

「香りは全て天然成分。ベルガモットやカモミールの精油を使っています。脂性が強い男性の肌に合うよう、さらりとした質感を追求しました」

 いったいこの液体の中で、微細藻類ミドリムシ(学名:ユーグレナ)はどんな働きをしているのでしょう?

「5億年前に誕生して生存し続けてきたミドリムシは、言ってみれば生命力の固まりのような藻の一種なんです。植物と動物両方の性質をあわせ持ち、59種類という豊富な栄養素を含むので画期的な食品原料として期待されていますが、それだけではありません。抽出したエキスを肌細胞に与えると驚くような変化が生まれるのです」

 私たちの皮膚の中でコラーゲンやヒアルロン酸を作り出しているのが線維芽細胞。その細胞にミドリムシから抽出したエキスを与えたところ、約1.5倍に増殖。しかも細胞を活発化するだけでなく、「紫外線に対する防御力をこのエキスがぐんと高めることが判明」したという。

 生命力の固まりのようなミドリムシ。そのパワーを化粧品に活用したのが「B.C.A.D.」ブランドなのだ。だが、同社が化粧品を販売し始めたのは実は2014年から。まだ日が浅い。

 それなのに、2週間で5000本も売れたとすれば、いったい誰に、どうやって販売したのかという点だ。

「たしかに男性たちは、店頭の化粧品コーナーに足を踏み入れることさえ躊躇しますよね。でも、髪の毛を美容院でカットするという男性は今の時代、とても多いんです。私たちはそのチャンネルに注目し、美容院から細かな商品情報を発信し販売にも力を入れているんです」

 なるほど。ミドリムシのエキスを活用した化粧品だけあって、販売チャンネルも実にユニーク。いやそれだけではなかった。安藤氏はさらに驚くことを口にした。 「実は美容師さん自身もユーザーが多くて、全国で20万人ほどいる美容師の約1万人、20人に1人がすでにB.C.A.D.ブランドを使ってくださっているんです」

  食料問題、環境問題、エネルギー問題に対峙して「ミドリムシが地球を救う」と注目を集めるバイオテクノロジーベンチャー。快進撃を見せるユーグレナ社の売上高は59億2400万円(2015年9月期)、前期と比べてほぼ倍増し、経常利益は7億2600万円と約3.8倍に急成長している。

 株式時価総額は上場時106億円から約1328億円(2016年1月19日現在)と、なんと12倍。それもこれも「月産耳かき1杯分」しか作れなかったミドリムシを屋外で大量培養する技術を確立したところから始まった。

「もうダメかなという時も何度かあった」と安藤氏。 「それでもがんばれたのは、社長の出雲充はじめ私たち自身がユーグレナが凄い力を持つ生物だと信じきれたから」

 ブランド名の「B.C.A.D.」は、「B.C.」が紀元前、「A.D.」は紀元後を示すという。「太古と現在をつなぐ」深い意味が込められている。

 同社は2020年までに食品・化粧品等含めて100万人のユーザー獲得を目指す。大きな夢を掲げる男たちの、身だしなみを支える「B.C.A.D.」は、ジェット燃料とともに、戦う男たちのエネルギー源になっていくだろう。

※SAPIO2016年3月号