ヴァーディ、レスターと2019年までの新契約締結! 週給は約1350万円に!

写真拡大

▽レスター・シティは6日、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(29)との契約を2019年6月30日まで延長したことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』は今回の新契約によって、ヴァーディは週給8万ポンド(約1355万円)を受け取ることになると報じている。

▽数年前まで下部リーグを渡り歩いてきたヴァーディは、2012年に当時チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のレスターに完全移籍。その後、ゴールスコアラーとしての才能を開花させた同選手は、2013-14シーズンに同クラブをチャンピオンシップ優勝に導き、2014年に27歳でプレミアリーグデビューを飾った。

▽そして、自身2年目となった今シーズンのプレミアリーグでは、昨年11月28日に行われた第14節のマンチェスター・ユナイテッド戦で、プレミアリーグ新記録となる11試合連続ゴールを記録するなど、ここまで得点ランキングトップとなる18ゴールを挙げる大活躍で首位を快走するレスターの絶対的なエースに君臨している。

▽今やプレミアリーグのビッグクラブだけでなくレアル・マドリーなど世界中のクラブの関心を集めるヴァーディだが、今後もレスターでのプレーを継続するため、3年半の新契約にサインした。そして、ヴァーディは同クラブの公式サイトで今回の契約延長に際して以下のようなコメントを残している。

「僕はこのクラブの一員として、特別な何かを成し遂げるため戦っていることを本当に嬉しく思っているんだ。僕はこれまでそういった気持ちを知らなかった。でも、今ではオーナーや監督、スタッフ、チームメート、ファンからそういう気持ちを感じ取っているんだ。とにかく、僕は今後もできるだけ長くこのチームの一員として、そういった感覚を共有したいと思っている」

「レスター・シティは、3年半前に初めてここに来たときから、僕に対して全幅の信頼を示してくれた。それがプレーヤーとしての自分の成長にどれだけ大きな影響を与えたのかは計り知れないよ」

「クラブが僕に対して、惜しみない投資をしてくれたことに永遠に感謝し続けたいと思う。そして、それに報いるために毎日ハードワークをしたいと思っている」