5日、上海の地下鉄で車両ドアが強制的に開けられ、正常運行に支障をきたすという事件が頻発した問題で、警察当局が17歳少年を逮捕したことが明らかになった。写真は上海の地下鉄。

写真拡大

2016年2月5日、新聞晨報によると、中国上海市の地下鉄で車両ドアが強制的に開けられ、正常運行に支障をきたすという事件が頻発した問題で、警察当局が17歳少年を逮捕したことが明らかになった。

同地下鉄では先月下旬、車両ドアの異常が相次ぎ発生し、25〜28日までの4日間でその数は10件近くに上った。ドアに異常が発生した場合、列車は安全が確認されるまでその場で運行見合わせとなる。

防犯カメラなどの映像で捜査線上に浮かび上がったのが黒い服を着た男で、28日夜に再びドアを開けようとしたところをパトロール中の警官に見つかり、その場で取り押さえられた。当局の説明によると、逮捕、刑事拘留されているのは地方出身の17歳少年で、動機については「刺激が欲しかった」と話しているという。(翻訳・編集/野谷)