メルセデスベンツは2016年1月にミドルサルーン「Eクラス」を発表しましたが、その頂点に君臨する、「メルセデスAMG E63」の次世代モデルを耐寒テストで捕捉しました。

AMGらしく、フロントには大口エアインテーク、その他AMGエアロキットを纏っているが、そのパフォーマンスは他ライバルを圧倒することが分かりました。

4リットルV型8気筒ターボエンジンはリチューンされ、最高馬力600psを発揮、ライバルのアウディ「RS6」やBMW「M6」の560ps以上に達します。

世界を驚かせるワールドプレミアは2017年年初が有力視されています。

(APOLLO)

異次元のAMG E63次世代型、最強の600馬力を発揮!(http://clicccar.com/2016/02/06/352121/)