A7、S7とともに2015年4月にマイナーチェンジを受けたRS7スポーツバック。

マトリクスLED技術を採用したヘッドライトをはじめ、より立体的になったシングルフレームグリル、バンパー、テールパイプ形状、そしてテールライトにはLEDリヤコンビネーションライトダイナミックターンインディケーターが装備されています。

最新のマイナーチェンジで、洗練されたディテールになっていますが、アウディRS7スポーツバックのスタイリングで最大の見どころは、リヤのクォーターまわりではないでしょうか?

20151210Audi RS7_028

いかにも空力を重視したエレガントなリヤクォーターまわりの造形美は、ボディ全体の安定感にも大きく貢献している印象で、ユーザーが惚れるのはファストバックボディがよく分かる斜め後方のアングルかもしれません。

RS7

ボディサイズは全長5010×全幅1910×全高1425mmで、275/35R20というタイヤサイズを破綻なく履きこなすサイドビューも圧巻です。

フロントマスクは、先述したLEDヘッドライトなど最新の技術もあって本国での発表から約5年が経ったとは思えないほどモダンな雰囲気。

20151210Audi RS7_035

また、ボディパネルの「チリ合わせ」も当然ながら高精度で、まったく隙を感じさせません。

20151210Audi RS7_01220151210Audi RS7_00420151210Audi RS7_006

インテリアはカーボンのデコラティブパネルでスポーティな印象なのはもちろん、アルミニウムの(プレスラインの)美しさもアウディらしいハイクオリティを実感できる点で、フィニッシャーの仕上がり、センスの良さはほかのドイツ勢などの高級モデルとはひと味違う印象。

20151210Audi RS7_039

試乗車は、75万円のオプションカラー(マットエフェクト)、72万円のBang&Olufsenの「アドバンストサウンドシステム」、98万円の「ダイナミックパッケージプラス」からなる「スペシャルオプション(受注生産)」の装備により、2017万円というプライスになっていましたが、価格にふさわしい気品、存在感を放っていました。

20151210Audi RS7_01820151210Audi RS7_022RS720151210Audi RS7_01220151210Audi RS7_02320151210Audi RS7_01520151210Audi RS7_02520151210Audi RS7_02820151210Audi RS7_01020151210Audi RS7_03220151210Audi RS7_00620151210Audi RS7_02120151210Audi RS7_01420151210Audi RS7_03920151210Audi RS7_01620151210Audi RS7_00120151210Audi RS7_03520151210Audi RS7_02020151210Audi RS7_004

(文/塚田勝弘・写真/小林和久)

【関連記事】

560ps/700Nmを誇るアウディRS7の暴力的な動力性能に驚愕!
http://clicccar.com/2016/02/05/352161/ 

気品あるファストバックスタイル ─ 画像ギャラリー「アウディRS7スポーツバック」(http://clicccar.com/2016/02/06/352138/)