地球にもフトコロにもやさしい「リボべジ」に挑戦してみた

写真拡大 (全4枚)

料理に使わなかった野菜の根っこや切れ端。捨てるのが「もったいないな〜」と感じることありますよね。

そんな野菜たちを再生するリボーンベジタブル、略して「リボベジ」ってご存知ですか?

やり方はカンタン。食べ終えた野菜の根っこや切れ端を少なめの水に浸して、日の当たるところに置くだけ。根腐れを防ぐためにこまめな水替えは必要ですが、こうすればもう一度食べられる状態に再生しちゃうんです。

今回は、その中でも特にコスパがバツグンで育てやすい野菜をいくつかご紹介します。

成長が早い「豆苗」は、4〜5日で購入時の背に再生





豆苗はとにかく育ちが早く、失敗が少ないのでビギナーさんにおすすめです。

根から2〜3cm上をカットして、水に浸すだけです。早ければ4〜5日で購入したときと同じくらいに再生するんですよ。

一度に少ししか使わないハーブ類は狙い目!





料理のアクセントとして活躍するパクチー、三つ葉などのハーブや香味野菜は、一度にちょっぴりしか使わないのに値段が高めなんですよね。

これもカンタンに再生させちゃいましょう。根をグラスに活ければ、1週間ほどで新しい葉が伸びてきますよ。

「葉物野菜」も意外と再生するんです





水菜や小松菜などの「葉物野菜」。なんとこれらも再生するんです! 根に近い茎の部分を多めに残して切り落とし、水に漬けて置くと……1週間ほどで水菜は古い葉から、小松菜は内側から、新しい葉がニョキニョキ。フレッシュな野菜が楽しめちゃいます。

他にも、にんじんや赤かぶ、大根などの「根菜」や「ハーブの芽」など、リボベジ向きの野菜はたくさんあります。詳しいやり方はこちらを参考にしてください。

あたたかくなるこれからの季節は、リボベジをスタートするのうってつけ。節約しながら園芸を楽しめて、しかもエコ! 観葉植物として部屋のアクセントにもなっちゃう「リボベジ」。やらない手はないでしょ?

水につけたら野菜が再生!「リボベジ」で、スローライフにトライ[Foodie]

[こちらも合わせてご参考に]
・旬の味はシンプルがうまい! 味が濃い「在来野菜」まるごとレシピ
・リラックスしたいなら豆の炒りを浅く… 今日の自分にぴったりなコーヒーの淹れ方
・品種で変わる? 自宅焼き芋をもっとおいしくするさつまいもBest5