台湾南部地震  馬総統「救助に全力」  日本からの支援申し出には「感謝」

写真拡大

(台北 6日 中央社)台湾南部で6日未明に発生した地震。最大の被害が出た台南を視察した馬英九総統は「政府は災害救助に全力を尽くす」と語った。被災者の保護や心理カウンセリング実施などのほか、ライフラインの早期復旧にも取り組むとした。

馬総統は台南到着後、成大病院で負傷者を見舞い、できる限りの協力をすると約束。まだ建物の中に取り残されている被災者については「あきらめない」と救出に向け強い意志を示した。

一方、総統府の馬イ国報道官は同日、日本、米国、中国大陸から関心の表明や支援の申し出があったとし、馬総統は感謝の意を示した上で、行政院(内閣)に対し海外からの支援を受け入れるかどうか地方自治体と協議して検討するよう指示したと語った。(イ=王へんに韋)

(謝佳珍/編集:齊藤啓介)