資料写真

写真拡大

(台北 6日 中央社)来月4日から13日まで開催される「第11回大阪アジアン映画祭」で、台湾映画6作品を集めた「台湾:電影ルネッサンス2016」が特集企画として組まれることが5日、発表された。日本統治時代の台湾で生まれた日本人の姿を追ったドキュメンタリー「湾生回家」が映画祭のオープニングを飾るほか、昨年興行収入4億台湾元(約14億円)以上の大ヒットを記録した「私の少女時代」(我的少女時代)などが上映される。

「湾生」は世界初上映、「私の〜」は日本初上映となる。その他ラインナップされた台湾映画は、与那国島の風景を捉えたドキュメンタリー「雲の国」(雲之国)、10代で1児の父母となったカップルの生きる姿を描いた「The Kids(仮)」(小孩)、アイドルグループ「S.H.E」のメンバー、エラ(陳嘉樺)が主演するコメディー「欠けてる一族」(缺角一族)、金馬奨50周年を記念して製作されたドキュメンタリー「あの頃、この時」(我們的那時此刻)。

同特集には、文化部や台北駐日経済文化代表処台湾文化センターが協力した。

(編集:名切千絵)