バルセロナの地元紙が31歳になったC・ロナウドを酷評 「衰えの始まり」

ざっくり言うと

  • バルセロナの本拠地であるカタルーニャ紙がC・ロナウドについて報じた
  • 5日に誕生日を迎えて31歳となったロナウドについて「衰えの始まり」と指摘
  • 様々な事業に取り組んでいることについて「サッカーは二の次だ」と糾弾した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング