3日、中国の掲示板サイトに「高精度すぎて隙間が全く見えない。日本人にはひざまずくしかない」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はノギス。

写真拡大

2016年2月3日、中国の掲示板サイトに「高精度すぎて隙間が全く見えない。日本人にはひざまずくしかない」と題するスレッドが立った。

スレ主は、武田金型製作所が製造した加工精度0.003ミリメートルの金属について紹介した動画を貼りつけて紹介。それによると、かたどった金属を押し込むと、隙間が全くなくなり、見た目ではただの金属の塊のように見えるというものだ。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「これは超えられない」
「これはひざまずかざるを得ない」
「50年から100年は進んでいるようだ」

「これはすごいな。やっぱり日本車を買おう」
「素晴らしい技術力で学ぶに値する。でもひざまずくとかはおかしい」
「これは見るに堪えない。中国の工業はまだ原始時代のようだな」

「中国はドイツや日本と加工精度で争うことはできない。それより米国と新たな加工技術で競うべきだ」
「中国製造業の精度だって決して悪くはない。ただポイントは構造設計と信頼性や安定性だ」

「現代工業について何も知らない人だけが驚く」
「20年前は日本のものは良かった。でも今は中国製の方が安くていい。日本製のものなんて別に珍しいものではなくなった」

「こんなのがなんの役に立つんだ?俺たちには原子爆弾があるし」
「世間知らずの日本ファンはすぐに驚くんだよな。だったら日本は有人宇宙飛行や月探査をしてみろ」(翻訳・編集/山中)