6日、台湾南部で発生したマグニチュード6.4の地震による死者は5人となった。

写真拡大

2016年2月6日、台湾南部で発生したマグニチュード6.4の地震による死者は5人となった。

【その他の写真】

台湾の中央災害センターの発表によると、午前10時40分(日本時間11時40分)の段階で、死者は5人となった。台南市で倒壊した維冠金龍ビルでは3人が死亡。地震当時、256人が建物内にいたが、そのうちの225人が自力で逃げ出したり、救助されたりした。31人は依然として救助を待っている状況だという。

現地メディアは、死亡した人の中には生後10日の女児が含まれており、少なくとも11棟の建物が倒壊したと伝えられている。(翻訳・編集/北田)